黒糖焼酎
喜界島の黒糖焼酎



 
 
販売の方法欄でご購入の御案内をご覧の上お申込下さい。



喜界島について
喜界島は奄美大島の北東に在り、地形は南北に長く、東西の延長 7.75q 、南北14q 、島の中央部にある 百之台(標高225m)  を中心にゆるやかな傾斜をなす。・喜界島は文正元年(西暦1466年)の琉球王の喜界島征伐からお よそ150年間琉球王の統治下にあったが、 慶長14年(西暦1609年)の島津藩の琉球征伐の結果、琉球から分割され島津藩に属した。・ 昭和21年米軍によって本土と行政分離されたが、昭和28年12月25日祖国復帰を実現した。





 

蔵元から海に向かってゴルフボ−ルを打って、満潮の時にボ−ルを
拾いに行けばよいと言う、のどかな喜界島の黒糖焼酎のご紹介です。

 
酒税法で決められた本格焼酎の原料は穀類や芋類のよな澱粉質原料か、酒粕に限られています。
糖分を含む竜吉蘭の樹液を使えばテキ−ラとなり、砂糖黍の汁を使えばラムという別の種類の蒸留洒になるのですが、第2次大戦中、食糧輸送のル−トが断たれた奄美諸鳥では本格擁酎の原料として島々の特産品である砂糖黍の搾汁(糖水)や、これを煮つめた黒糖で焼酎を造っていました。
昭和28年、奄美諸島が米国から返還されたとき、特例として奄美諸鳥に限って黒糖焼酎を造れることになりました。奄美特産の黒糖焼酎は、戦争が住んだ日本のラムといえるでしょう。
砂糖の塊ともいえる黒糖は、これを水にとかせば、すぐ酵母がアルコールに変えてくれる便利な原料ですが、それではラムになってしまいます。そこで、本格焼酎らしく焼酎麹と水で1次モロミを仕込み、酵母を育ててから黒糖を加えて発酵させます。黒糖焼酎は麹の風味を帯びたラムと言えるでしょう。




■三年寝太蔵 
30度 1800ml 2,462円(税別
古酒をブレンド後名前の通り三年寝かせ、味が充分なじんだ段階で商品としています。普段から黒糖焼酎が飲まれている奄美群島での限定品ですので、黒糖焼酎通を 認めさせる独特な深い味わいを完成させ、ほのかな甘味を感じさせる熟成による旨味があります。

限定品につき品切れの場合があります。

 

キャプテンキッド
 43度 720ml 2,850円(税別
黒糖焼酎の原酒約43度を一滴の水も加えずに7年という長期間にわたり貯蔵し、さらに樫樽に寝かせる事で醸し出される上品なコク、やわらかな喉越しは一度飲んもらえれば必ずご満足して頂ける事と思います。四季を通じてオン・ザ・ロックが最適で、その味わいを最大に引き出してくれるでしょう。


■ せいら 金 ■
25度 720ml 1,500円(税別
長期貯蔵した黒糖焼酎を樫樽に寝かせ、樫の木独特の風味そして香りを適度に吸収した黒糖焼酎ですが、どこか洋酒の味わいをも感じさせます。独特な琉拍色の樫樽熟成酒を好む方には、存分に味わって項ける自慢の商品に仕上がりましたとは、蔵元のコメントです。

■ せいら 銀 ■
25度 720ml 1,133円(税別
せいら「銀」は、すっきりとした喉越しを日々追求し又、果糖焼酎本来の「コク」や爽やかな香りを決して失わない様にして出来上がつた自信作です。樫樽貯蔵とは違う黒糖焼酎本来の味を愛される方にも、又初めて飲まれる方にも充分にご満足項けるます。




ご注文方法ご購入の御案内をご覧の上お申込下さい。

お問い合わせはメールでお気軽にご連絡下さい。